一般歯科

「歯が痛い」「しみる」と感じたらお早めにご相談ください

「歯がズキズキ痛む」「歯がしみる」――。このような症状がある場合は、虫歯かもしれません。虫歯は、初期段階は自覚症状がなく気付いた時には進行している可能性が高い病気です。放っておいても改善することはありませんので、「虫歯かも?」と思われた方は一度、千葉市中央区の大百堂歯科医院までご相談ください。当院では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療に努めています。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯は、虫歯菌が糖分を栄養にして作り出す酸が歯を溶かすことで引き起こります。虫歯は進行するほど治療が難しくなり、治療の費用や時間が多くかかります。気になる症状があれば早めにご相談ください。

進行段階 症状 治療法
CO 脱灰
CO 脱灰
歯の表面が白く濁って見える状態で、エナメル質が溶け始めています。まだ自覚症状はありません。 適切なブラッシングとフッ素塗布などで、治る可能性があります。この段階なら歯を削らずに虫歯を治すことが可能です。
C1 エナメル質の虫歯 C1 エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶け、穴が空き始めた状態です。歯の表面が黒ずんで変色しています。冷たい物がしみることがあります。 虫歯になっている部分を削り、その部分にレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。比較的簡単な治療で済みます。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が達した状態です。熱い物や甘い物で歯がしみ、痛みを覚えることもあります。 虫歯になっている部分を削り取り、その部分に詰め物や被せ物を取り付けて補います。
C3 神経の虫歯
C3 神経の虫歯
虫歯が歯の内部を通る神経まで達している状態です。何もしていなくてもズキズキとした痛みを感じ、ひどく腫れることがあります。 虫歯に冒された歯の神経を取り除き、被せ物を取り付ける「根管治療」を行い、歯の機能を回復します。
C4 歯の根の虫歯
C4 歯の根の虫歯
歯のほとんどの部分が溶けて、歯の根まで虫歯が進行した状態です。歯の神経はすでに死んでいるため痛みがなくなりますが、放置すると歯の根に膿がたまり、再び激しく痛みます。 ここまで進行すると、抜歯しなくてはならないケースがほとんどです。抜歯後は、入れ歯やインプラント)、ブリッジで、失った歯を補う必要があります。

重度の虫歯には根管治療を行います

重度の虫歯には根管治療を行います

重度の虫歯の場合でも、歯を残すことができる場合があります。それが「根管治療」です。根管治療とは、歯の内部を通る細い管(根管)にある、死んだ神経や汚染された血管・歯周組織をきれいに取り除き、洗浄・消毒後に隙間なく薬剤を充填する治療のことです。虫歯菌を完全に取り除くことで、虫歯の再発を抑えることができます。

当院では、患者さまの大切な歯を残すために、根管治療を行っています。根管はとても細く複雑な形状をしているため、高度な技術と豊富な経験が求められますが、当院の歯科医師は根管治療の豊富な実績を持つため安心してお任せいただけます。

自己判断で、絶対に治療の中断をしないでください

自己判断で、絶対に治療の中断をしないでください

根管治療は、高度な技術を要し時間がかかるため、治療完了までには何度も通院していただく必要があります。治療の過程で神経を取り除くと痛みはなくなりますが、このタイミングで自己判断によって治療をやめてしまうのは大変危険です。なぜなら、途中で治療をやめてしまうと根管内に雑菌が入り、虫歯がさらにひどくなってしまうからです。この状態が長引くと、抜歯は避けられません。

また、抜歯になると、失った歯を補うための治療が必要になり、さらに治療に時間も費用もかかります。根管治療は、抜歯を回避するための最後の砦です。自分の歯を守るために、必ず最後まで治療をやり遂げましょう。

治療後こそ、定期検診に通いましょう

治療後こそ、定期検診に通いましょう

お口にとって大事なことは「治療」することではなく、健康な口腔内状態を保ち続けることです。何もせずに放っておけば、再び虫歯など口腔内トラブルが起こる可能性が高くなります。

当院では治療後の良い状態を保つために、定期検診をご案内しています。ご自宅での正しいブラッシングに加え、定期的に歯科医院に受診して病気の早期発見に努めましょう。

医院案内はこちら JR千葉駅・京成千葉駅から徒歩1分。当院までのアクセス方法や院内の様子をご案内しています。

診療予約はこちらから 当院は患者さまをお待たせしないために予約制となっています。 診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。 WEB診療予約はこちら(歯科タウンへリンク)