歯周病治療

歯周病は歯を失う原因第1位。

歯周病とは、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が毒素を出し、歯を支える顎の骨を徐々に溶かしていく病気。初期段階では自覚症状がなく進行しやすいため、重度化しやすい傾向にあります。歯が抜ける原因の第1位でもあり、とても恐ろしい病気なのです。

そんな歯周病は、実は日本人の約8割が「かかっている」または「予備軍である」とされている、とても身近な病気です。何か異変に気づいたら、できるだけ早く千葉市中央区の大百堂歯科医院までご相談ください。

歯周病になりやすいのはこんな方です

歯周病は歯周病菌による感染症であり、口腔内環境が悪く免疫力が低下すると発症や進行のリスクが高まります。以下の習慣や状況がある方は、歯周病のリスクが高いことを自覚しましょう。

喫煙
喫煙
間食が多い間食が多い 咀嚼(そしゃく)不足咀嚼(そしゃく)不足 ストレスストレス
タバコの煙に含まれる有害物質が歯ぐきの毛細血管の血流量を下げ、免疫力を低下させます。 お口の中に食べ物がとどまる時間が長いと細菌が増殖しやすくなります。 唾液には浄化作用がありますが、噛む回数が少ないと唾液の分泌が少なくなり、口腔内環境が悪化します。 精神的ストレスや、睡眠不足や不規則な食事などといったストレスも免疫力の低下を招きます。
喫煙
喫煙
タバコの煙に含まれる有害物質が歯ぐきの毛細血管の血流量を下げ、免疫力を低下させます。
間食が多い間食が多い お口の中に食べ物がとどまる時間が長いと細菌が増殖しやすくなります。
咀嚼(そしゃく)不足咀嚼(そしゃく)不足 唾液には浄化作用がありますが、噛む回数が少ないと唾液の分泌が少なくなり、口腔内環境が悪化します。
ストレスストレス 精神的ストレスや、睡眠不足や不規則な食事などといったストレスも免疫力の低下を招きます。
歯周病が身体に与える影響

歯周病が身体に与える影響

歯周病が身体に与える影響は口腔内にとどまりません。歯周病菌が口腔内の血管や気管を通じて体内に入り込むことで、以下のような悪影響を与えることがわかっています。 ・肺炎 ・糖尿病 ・心筋梗塞 ・狭心症 ・脳梗塞 ・早産、低体重出産 ・頭痛、肩こり

歯周病の治療や予防ケアは、全身の健康を守るためにも重要です。

簡単!歯周病セルフチェック

1~4個 軽度歯周病の可能性があります
毎日丁寧なブラッシングを行うとともに、一度歯周病の検査を受けに歯科医院を受診しましょう。
5~8個 中等度歯周病の可能性があります
すでに顎の骨が溶け始めている可能性があります。早めに受診しましょう。
9個 重度歯周病の可能性があります
そのまま放置していると歯が抜け落ちてしまうことも。早急に受診してください。

歯周病の進行と処置方法

歯周病の症状
進行段階 状態・症状
健康な状態
健康な状態
歯ぐきは健康的なピンク色をしています。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の隙間)がなく、ぴったりくっついている状態です。
軽度歯周病(歯周炎)
軽度歯周病(歯周炎)
歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシングをすると出血することがあります。歯周ポケットができ始めます。
中等度歯周病
中等度歯周病
歯ぐきは赤黒く腫れ、出血します。歯周ポケットはより深くなり、顎の骨が溶け始めて歯がグラグラと動きます。
重度歯周病
重度歯周病
出血の量が増え、痛みや口臭がさらにひどくなります。顎の骨が大きく溶けて、歯が大きくグラつきます。そのまま放置していると、歯が抜け落ちてしまいます。
処置方法

当院では、患者さまの口腔内状態や歯周病の進行具合に応じて、最適な治療方法をご提案しています。

スケーリング・ルートプレーニング
スケーリング・ルートプレーニング
フラップ手術
フラップ手術
スケーラーという器具で歯や歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます。その後、歯の表面をツルツルに磨き上げ、プラークの再付着を防ぎます。 歯ぐきに麻酔をして切開し、露出させた箇所に付着しているプラークや歯石、歯周病菌に冒された歯周組織を取り除く外科的処置です。
レーザー治療
レーザー治療
再生療法(エムドゲイン法/GBR法)
再生療法(エムドゲイン法/GBR法)
レーザーで歯周病菌を殺菌します。痛みや腫れがほとんどなく、治癒も早いのでご安心ください。 歯周病で溶けてしまった骨を再生させる治療方法です。薬剤や特殊な膜を用いて再生を促します。

医院案内はこちら JR千葉駅・京成千葉駅から徒歩1分。当院までのアクセス方法や院内の様子をご案内しています。

診療予約はこちらから