予防歯科

定期的なメインテナンスの重要性

「歯医者は歯が痛くなったら行けばいい」と思っていませんか? 歯科治療は、虫歯や歯周病が進行して症状が出てからでは、歯を削るなどして歯にダメージが及ぶだけでなく、治療に費用も時間もかかります。日ごろから予防ケアを心がけ、定期的に歯科医院で検診を受けることで、虫歯や歯周病を防ぐことができ、治療に費用や時間をかけずに済みます。

千葉市中央区の大百堂歯科医院では、予防歯科をおすすめしています。定期的に歯科医院に行って、お口のチェックをしながら適切な予防処置を受けて、健康な口腔内環境を維持しましょう。

歯のメインテナンスが将来のお口の健康を左右します

歯のメインテナンスが将来のお口の健康を左右します

毎日きちんとブラッシングして、定期的に歯科検診を受ける。このような習慣が、今そして将来の歯の健康を守るのに欠かせません。特に、年齢を重ねてからの歯の残存数は、日ごろの歯のメインテナンスが大きな影響を及ぼすのです。

メインテナンスの有無別の残存歯数

以下は、定期検診などメインテナンスを受けている方と、そうでない方の歯の残存数を比較したグラフです。メインテナンスを受けている方のほうが、一人当たりの歯の平均残存数は圧倒的に多いことがわかります。定期検診で口腔内の歯の状態をチェックしてもらうとともに、歯のクリーニングなどの処置を受けることが大切です。

一人平均残存歯数の比較

予防のタイミングをお知らせしています

予防のタイミングをお知らせしています

当院では、予防歯科を受けた患者さまに、口腔内の状態や病気の進行度、年齢などを考慮して、次回の予防歯科を受けていただくタイミングをハガキでご案内しています。患者さま一人ひとりに最適なタイミングでご案内していますので、どうぞご安心ください。

これまで別の歯科医院に通っていて、途中で通院をやめてしまった患者さまから「ハガキが来るので助かる」といったお声をちょうだいしています。

歯科衛生士が行うプロのケア

歯科衛生士が行うプロのケア

歯科衛生士は予防歯科のプロフェッショナル。当院に在籍している歯科衛生士は予防ケアに関する豊富な知識と技術を有しており、患者さま一人ひとりの口腔内環境に応じて最適な口腔ケアをご提案しています。

当院の予防メニュー

いつまでも健康なお口を保つために、当院が行っている予防処置の主な内容をご紹介します。

各種チェック
  • ブラッシング:普段のケアは十分か
    自宅でのブラッシングがきちんと行えているかチェックします。
  • 歯ぐきの状態:歯周病にかかっていないか
    腫れはないか、健康的なピンク色をしているかをチェックします。
  • 咬み合わせ:正しい咬み合わせか
    上下の歯がきちんと咬み合っているかチェックします。咬み合わせが乱れているとブラッシングがしづらく、虫歯の原因にもなります。
  • 歯周ポケットの深さ:歯周病にかかっていないか
    歯周病かどうかは歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の隙間)の深さで調べられます。3mm以上の場合は歯周病です。
フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布する処置です。フッ素には歯を強くし、虫歯菌が出す酸への抵抗力を高めて虫歯になりにくくするはたらきがあります。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯科衛生士が歯の汚れを専門器具を使って除去する処置です。ブラッシングでは落としきれない歯と歯、歯と歯ぐきの間に溜まったプラーク(歯垢)や歯石を徹底的にクリーニングしていきます。ツルツル・ピカピカな歯になり、汚れが付着しにくくなります。虫歯・歯周病の予防に非常に効果的です。

医院案内はこちら JR千葉駅・京成千葉駅から徒歩1分。当院までのアクセス方法や院内の様子をご案内しています。

診療予約はこちらから 当院は患者さまをお待たせしないために予約制となっています。 診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。 WEB診療予約はこちら(歯科タウンへリンク)